メニュー

玉井 仁 - 悩み相談と心の対話の場所 | NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

 tamai2

玉井 仁(たまい ひとし)

男性


担当理事、スーパーバイザー、講師

経歴

  • ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン卒業。現NPO法人青少年自立援助センター立ち上げスタッフとして勤務後、立正大学大学院(臨床心理学)修了。公的機関にて教育相談員として勤務の後、CIAP相談室相談員、IFF(家族機能研究所)セラピスト・室長を経て現職。学会発表・論文発表も精力的に行っている。。

専門分野

  • パーソナリティ、衝動性、家族病理、トラウマ、対人関係、など精神障害全般、

  • 主な介入技法は認知行動療法・力動的心理療法・家族療法・催眠

著書

  • マンガでやさしくわかる認知行動療法(単著)

 

 

カウンセリングへの想い

  • 自分を好きになるということ、改めて考えてみると難しい。
    人や社会を排除して、自分を好きになるのは、自己愛。
    それは本当の意味で自分を好きになれていない。仕事柄、多くの人たちの話に耳を傾けてきた。
    一緒に取り組んだテーマがある。
  • 自分の事を好きだと感じられない人、自分自身に対する安心感が持てない人、つまり自己肯定感を持ちにくい人たちと関わってきた。

    過去の家族関係や体験の影響や、周囲の無理解からそのようになってしまった人も多い。
    ただ、大人になった今、そのことを自分のこととして何とかしようとする勇気に対して、心からの敬意を示したい。誰もが気楽に生きているわけではない。一生懸命だ。ある人は、感情がジェットコースターのように変わる、自分でももてあまし、自分の事を”変”だと思ってきた。向き合わなければならないことから、逃げ続けてきたが、逃げ切れずに追い詰められ、相談に来た人もいる。

  • でも、そんな中でも自分のことを好きになっていける。そして、人と関わることを大切にし、楽しめる。

    様々な環境、高い課題のある問題状況、精神疾患、社会の問題と思えることなど、一緒に考える。
    必ず、答えはある。