メニュー

吃音をお持ちの方へ - 悩み相談と心の対話の場所 | NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する
悩み相談と心の対話の場所 | NPO東京メンタルヘルス・スクエア
アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する

吃音をお持ちの方へ

吃音(どもり)をお持ちの方のお電話を待っています

こころのほっとラインでは、吃音(きつおん・どもり)をお持ちの方も歓迎しています!!

吃音をお持ちの方は、電話をかけることが苦手だと感じている方が多いとお聞きしました。

「相手の顔が見えないから怖い…」
「イライラさせてしまったらどうしよう…」
 と、いろいろ想いが巡ってしまう。


「どうしたら少しでも安心してお電話いただけるだろう、お話ししていただけるだろう…?」

そう想い、当事者の方々の集いや研修に参加させていただき、様々なことを学ばせていただきました。

まだまだ完ぺきではありませんが、聴き方、話し方の心得を学んでいる 「吃音心得スタッフ」 が、月に何日かお待ちしている時間があります。 みなさんからのお電話をお待ちしています!!!

悩み相談としても、電話の練習としても、ぜひご活用ください。

kitsu denwa s

 

 

サービスの詳細

NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア所属で、吃音をお持ちの方との電話の聞き方、話し方を心得ているカウンセラーが1回25分の無料電話相談を受け付けます。相談だけではなく、電話の練習としてもご利用ください。

こころのほっとライン
吃音心得スタッフ時間
1回25分 無料 電話相談 (電話の練習としても
ご利用ください)
  • ご予約は不要。匿名・無料・どなたでもご相談いただけます。
  • 1日2回までご利用可能です。
  • 電話代はご利用者負担となります。
  • 医療機関ではないため、診断・診療・処方といった医療行為はいたしません。
  • 吃音改善の指導やアドバイスは行っておりません。

 

電話相談実施時間帯

電話相談実施日・時間帯は、下記のカレンダーをご覧下さい「吃音心得」と記載している日時が、担当スタッフの待機している時間帯です。

 

・祝祭日はお休みです。

・電話相談員が止むを得ず不在の場合、時間を改めさせていただくお願いをしたり、休業する場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

 

ほっとラインカレンダー (「吃音心得」の記載の時間帯が対象です)

カレンダーが表示されない場合は今月の電話相談日時リストをご覧ください。

 

ほっとライン専用ダイヤル

03-5928-5027

 

「心得スタッフ」が心得ていること

一人一人の思いは違います

「吃音を持っている方ってこんな感じだよね」と、決めつけて受け答えしません。
 あなたの想いを聞かせてください。
「あなたの吃音」で抱いている気持ちをどうか伝えてください。

 

voice_female.png

私達は吃音のことをしっかり(全部)理解しているとは、決して思っていません。

また、みなさんそれぞれ違いますよね。
タイプや重度だけでなく、性格も、考え方も、環境も、周りの人の理解度も、吃音に対する受け止め方も、そして向き合い方も … 。
なので、「あなたにとっての吃音」を聞かせて欲しいな、と私達は思っています。

言葉がなかなか出てこない時は…

  • たとえ最初の言葉がなかなか出ない時でも、この時間は100%あなたの時間です。「早く話し出さなくちゃ」と焦らなくても大丈夫です。
  • 私達は「聞いてるよ」「あなたの心と一緒にいるよ!」の合図に、「うん」という相槌をします。
  • 「言葉が出ない。でも話したい…!」の気持ちを伝えたいときには、コンコンと電話をタップしてください。
  • 「もしもーし」「どうしたんですか?」と言われたら、焦っちゃいますよね。私達は言いません。

voice_female.png

通話中は言葉でお伝えしませんが、「話し終わるまで待っているから大丈夫^^」という気持ちでお話しを聞きます。

違うことを知っています

私達は、以下のような考え方や話し方をしません。

  • 吃音は努力すれば解決する
  • 吃音はただの癖や精神的なものである
  • 「一つの個性と思えばいいんだよ~」
  • 「緊張するとそうなるよね~」
  • 「私もあるある~」、「わかるわかる~」

voice_female.png

基本的な吃音の定義、あなたの今の気持ち、どれだけ苦しいか…などの理解不足から、「 こんな言葉で今まで傷ついてきた 」というお声があることをお聞きしています。

「聞いた感じ」だけで判断しません

私達は、以下のようなことを言いません。

  • 「あなたは軽いから心配しなくていいですよ。」
  • 「全然気にならない(または)分からないですね。」
  • 「そのくらいしゃべることができれば大丈夫。」
  • 「全然普通ですよ~」

voice_female.png

『相手は励ましているつもりだったり、「気にしなくても大丈夫」と伝えているつもりなんだろうけど、こんなにしゃべるのに苦労しているのに、気安く「ふつうだよ~」とか言わないで!と、悲しくなったことがある。』

…そんなお声があることを聞きました。

こんな話し方を心がけます

  • スピードはゆっくり、ゆったり(逆にもう少しスピードを上げて欲しいと感じた場合は、その旨をお伝えください)

  • 言葉の先取りはしません
  • 話し方のアドバイスをしません。「ゆっくり話してください」、「落ち着いてください」、「深呼吸をしてください」とも言いません。逆効果だとお聞きしています。

  • 聞き取れなかった場合は、聞き返すのではなく、わかったところまで伝え返します
  • 一つの対応がAさんには心地よくても、Bさんには心地よくない…
    そんなお話しも当事者の方からお聞きしています。
    「私にはそうして欲しくないなぁ」、「私はそう思ってないんだけどなぁ」
     というようなときには、どうぞ遠慮なくおっしゃってください。
  • 上記のようなご要望は、メールで送ってくださっても嬉しいです。
    このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までお願いいたします。
    (メールでの電話相談時間の予約はできません。専用ダイヤルまでお電話ください)