メニュー

寄付する - 悩み相談と心の対話の場所 | NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する
悩み相談と心の対話の場所 | NPO東京メンタルヘルス・スクエア
アクセス
お悩み相談申込 お問い合わせ 講座・活動申込み ご感想の投稿 寄付する

寄付する

いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクトを支援してください

hirakata6s

 

いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクトは、チームメンバーの無償奉仕で支えられていますが、学校や教育委員会への活動交通費、研鑽費、設備費、広報・事務費、コンケア使用料などで、年間多額の運営費が必要です。


https://japangiving.jp/campaigns/33653
(ジャパンギビングのサイトで寄付を受け付けております)

 

いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクトは、教育・見守り・相談の3つの取り組みで、子ども達に最良の方法を模索し提供することで、不登校ゼロ、いじめ自殺ゼロ、卒業後のひきこもりゼロを目指しているプロジェクトです。

 

「教育」はストレスコントロールなど複数の教育プログラムを実践し、いじめ発生率の減少とSOS発信率の向上を目指します。

 

「見守り」はコンケアというタブレットアプリを活用し、毎日の気分マークを出席記録と同時に記録して、「気分の落ち込み」が見られる児童生徒がいたら、システムからスクールカウンセラーや養護教諭、学年主任等の専門家や関係者にメール報知して、早期発見・早期対処を促進します。

 

「相談」は従来の電話相談や対面相談に加えて、チャット相談(SNSカウンセリング)を新設し、子ども達からの悩みに耳を傾け、気持ちに寄り添いながら、いじめ解消に向けてカウンセラーと学校で連携します。

 

不登校ゼロ、いじめ自殺ゼロ、卒業後のひきこもりゼロを目指しますのでご支援をよろしくお願いします。

 

https://japangiving.jp/campaigns/33653
(ジャパンギビングのサイトで寄付を受け付けております)

「こころのほっとライン」を支援してください。

girl tel s

 

 

私たち東京メンタルヘルス・スクエアがとても大切にしている活動に「こころのほっとライン」があります。

 

「こころのほっとライン」は1回20分、お一人1日2回までご利用できる無料電話相談です。

日本各地からのお電話を、私たち東京メンタルヘルス・スクエアの「スクエア・カウンセラー」がお受けし、みなさまの心の中の苦しみ、悲しみ、怒り、寂しさ、悩みなどを受取り共に考えさせていただいています。

 

東京メンタルヘルス・スクエアの基本理念は「話をちゃんと聴いてくれる人が傍にいる社会をつくる。」です。

この理念を一番広く多くの方に提供できる活動として、この「こころのほっとライン」をずっと大切にしてきています。

 

こころのほっとラインの電話相談は、私たちスクエアカウンセラーの無償活動で実施しています。

でも、この活動を維持するためには、事務所費、交通費、研修費、機材費など、年間多くの運営費用が必要です。

現在この活動費は、私たちの活動に共感を持ってくださる企業の協賛や団体、個人からのご寄付に支えられています。

 

私たちの「話をちゃんと聞いてくれる人がそばにいる社会を作る。」という理念と活動に共感し、応援したいと思ってくださる方たちからのご支援をお願いします。

 

みなさまからの寄付を、ジャパンギビングのサイトで受け付けています。

ぜひとも私たちの活動を支援してください。


https://japangiving.jp/supports/32516

 

「こころのほっとライン」は、さまざまな重荷を背負って生きる人々の力になることを願い、多数のスクエアカウンセラーが耳を傾けています。「今、一番辛いときに、つながる。話しているうちに、こころがほっとする」こんなコンセプトを持って毎日続けていきたいと思っています。皆様と共に、大切なこころに寄り添うため、ご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。